よくあるご質問/利用規約

 

1.

おススメする方、しない方

​【満足度が高い方のコメント例】

​・日程/スケジュールを柔軟に調整できる。仕事など他の都合との調整が容易。

・拘束時間が短い(調査、分析は自分のスケジュールで進められる)。

・チームではなく自分一人で提案内容を決め、主体的に進められる。

・ランチ会でクライアントの本音が聞けた(ランチ会を実施しない案件もございます)。

・中小企業診断士試験2次試験で学んだ内容の使い方を、具体的に学べる。

・M&Aや新規事業など、診断士として差別化できる案件が多い。

・中小企業から評価されるための現場の工夫等を聞くことが出来る。

・孫正義氏/ソフトバンクの経営ノウハウに触れられる(一部の案件となります)。

2.

おススメする方、しない方

【満足度が低い方のコメント例】

・チーム/他メンバーとじっくり話し合う時間が少ない、飲み会がない。

・クライアント社長とじっくり議論する時間が少ない。

 (案件により差異があります。ランチ会を実施する案件もございます)。

・クライアントに若手が多い(2代目社長、ベンチャー、社歴が浅い、など)

・セミナーのレベルが低い(得られるノウハウ/知識が少ない)

3.

おススメする方、しない方

ビジネス経験豊富な方や地頭が良い方などからは、満足度が低いといった声を聞きます。

 (例)

 *企画職など経営関連の経験が豊富な方(経営企画室、コンサルファームなど)

 *リアルな商売/ビジネスの全体像に携わった方(商社、金融機関など)

 *中小企業診断士2次試験を簡単だと感じた方(経営センスが身についている方)

 *難関資格をお持ちの方(会計士、弁護士、弁理士など)

4.

Web参加(ビデオ会議での参加)について

 

​【概要】

遠方の方は、Web参加(ビデオ会議での参加)が可能です。

プログラム/診断業務の品質確保のため、以下の条件をご確認ください。

・ビデオ会議での参加人数には制限があります。ご希望の方は、お申し込み時にお伝えください。(先着順)

​・東京都以外に在住の方を優先するケースがございますので、ご了承願います。

・ビデオ会議でのご参加の場合でも、ご自身でクライアントに直接、診断業務を行っていただきます。具体的には各回、ご自身の調査・分析内容をもとにクライアントへ提言・アドバイスを伝えることとなります。実務ポイント獲得のための要件でもありますので、ご理解をお願い致します。

5.

Web参加(ビデオ会議での参加)について

 

【参加方法】

・PC/スマホ等から、こちらからお送りしますウェブアドレスへ接続するだけです。

・PCの場合はワンクリックで参加できます。スマホの場合はアプリのダウンロードが必要ですが、住所などのアカウント登録は不要です。

・ご自宅等のWifi環境/スマホの電話回線(4G・5G)で接続が可能です。

・マイク付きヘッドフォン(イヤホン)のご準備をお願いしております。家電量販店にて500円~1000円程度で販売されているもので十分です。Amazon等では「マイク付きイヤホン」等で検索してください。

・なお、必要機材(PC、カメラ、電話回線などの通信設備など)のご準備に関する費用などは、参加者の負担となります。

6.

参加申し込み後の手続き

​・お申込受付のメールをお送りいたします。

 

※お申し込み後1週間を過ぎても連絡がない場合は、大変お手数ですがお問い合わせ願います。(info@shimizu-trust.com)

7.

実務従事・実務ポイントについて

 

・本実務従事プログラムにて獲得した実務ポイントは、中小企業診断士2次試験合格後に"中小企業診断士としての登録の申請"を行うために必要となる、15日の実務従事にカウントされます。

・診断助言業務実績証明書(様式19)を発行致しますので、資格の更新に必要な実務従事(5年間で30ポイント)にもカウントされます。

・実務ポイント獲得には、実際にクライアントに対し、診断業務を行うことが必要となります。例えば、市場調査などの調査を行うだけでは、診断業務にはなりません。​具体的には毎回、ご自身の分析・調査内容をもとにクライアントに提言・アドバイスを行う必要がございます。

・本プログラムでは、インストラクターがサポートを致しますが、参加者の皆様が主体となり、クライアントに対してコンサルティングを行っていただきます。

8.

実務補習との違いについて

 

​・中小企業診断協会等が実施する「実務補習」とは異なりますが、資格の登録・更新に必要となる「実務ポイント」を獲得できるという点は同様です。

・「実務補習」とは、中小企業診断協会などの、経済産業大臣登録実務補習機関のみが実施できるプログラムです。

 

(ご参考) 

実務補習に集中する秘訣(J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト)

http://j-net21.smrj.go.jp/know/s_hiroba/mezase_10-2.html

9.

知的財産など含めた権利関係について

 

​・案件中に発生した、または発生したと考え得る全ての権利関係は(知的財産などを含む)、全てクライアントおよび清水トラストコンサルティングに帰属します。これは、秘密保持契約を締結しない場合にも適応となります。

10.

服装やマナーについて

 

*服装

  ・スーツを着用する必要はありません。カジュアルで構いません。

*食事

 ・飴やチョコレート等まででお願いいたします。

 ・ペットボトルなど蓋のついた飲み物は問題ありません。

 ・ごみは必ずお持ち帰りください。

*携帯電話

  ・写真撮影や​音声の録音はご遠慮ください。

11.

秘密保持契約(NDA)について

 

​・案件によっては、秘密保持契約(NDA)の締結が必要となります。

・その場合は案件お申し込み時にご連絡いたしますので、ご協力お願い致します。